住宅ローン審査に落ちた人はどうすれば?

住宅ローン審査に落ちた人はどうすればいい?

「条件がいい住宅ローンを申し込んだけれど審査に落ちてしまった…」「住宅ローンに落ちたらどうすればいい?」せっかく選んだ住宅ローンも審査に落ちてしまうと借りられません。住宅ローン審査に落ちたときは次にどうすればいいのでしょうか?仮審査に落ちた場合には、借り入れ希望金額が多すぎる、年収が足りない、他の借金が多いといったわかりやすいポイントの見直しからはじめましょう。はっきりとした問題があるケースが多く改善しやすいのが特徴です。次に本審査に落ちてしまった場合には信用情報に事故の記録があるなどすぐにはわかりにくいことが問題になるケースが多くなります。問題点の見直しを慎重に行い次は基準の異なるフラット35の仮審査を受けてみる。団信の保障が手厚いじぶん銀行住宅ローンの仮審査に申し込むといった次のステップに進みましょう。本審査を何度も受けて審査に通らない場合にはマイナスの評価をされることが多いので本審査申し込みには一定の期間を空けることをおすすめします。

 

審査に落ちる人は信用度が足りない

結果

住宅ローンの審査内容は、金融機関にとって異なりますが目的は同じです。それは「ちゃんと返済できる経済力があるかどうか」という点に限ります。

住宅ローンは融資金額が大きく返済期間が長いので、安定した収入を長期間に渡って得られることが重要です。そのためには、勤務先や勤続年数は重要な審査要件となります。

又、返済額に無理が無いかというチェックのためには年収も確認されます。これらの項目で疑問視されると、審査基準に満たないと判断されてしまいます。

ここでは、住宅ローン審査に落ちた人のために、その原因と考えられるいくつかの事案について考えてみたいと思います。

 

返済中のローンはないか?

申込み

ショッピングロ-ンなど少額のローンやリボ払いは問題ないのですが、マイカーローンのような金額が大きいローンがあると住宅ローン審査に不利になります。

自家用車なら数百万円単位のローンになりますから、住宅ローン返済の障害になる可能性は十分にありますので、そちらを完済してから住宅ローンを申し込むことをお勧めします。

又、最も好ましくないのはカードローンです。カードローンを利用している人は、「生活費に困っている」という印象を持たれてしまいますから、絶対に好ましくありません。

カードローン残高はすべて返済して、カードローンは解約しておいた方がいいでしょう。

 

不要なクレジットカードは整理しよう

申込み

クレジットカードの枚数が多いと金融機関の心象が悪くなります。

私の体験談をお話ししますが、住宅ローンを組む際に銀行員の方に「クレジットカードは何枚ありますか?」と質問されました。

その際、「海外ではクレジットカードを持っていないと信頼されない」という話を思い出し、“クレジットカードの枚数は個人の信用の証”とばかりに「○○枚あります」と自信満々に答えました。

すると、担当の銀行員さんは「多すぎますね・・」と苦笑いなさっていました。この時は、“苦笑い”の意味が分かりませんでした。

しかし、このサイトのような住宅ローンやカードローンの記事を書くようになってから分かったのですが、キャッシュカードにはキャッシング枠があり、ローン審査ではカードに設定されている金額は1円も借りていなくても限度額いっぱいまで借り入れていると判断されるという事でした。

仮にキャッシング枠を設定していなくても、クレジットカードの枚数が多いと金融機関には好ましくないようなので、主要なカード以外は解約しておいた方が良いでしょう。これは、年会費不要のカードでも同じです。

 

過去に税金やローンの延滞はありませんか?

申込み

ショッピングクレジットの自動引き落としで支払いが間に合わなかった事はありませんか?

一度や二度なら良いのですが、それが度重なる人や長期間返済しなかった人は要注意です。

又、スマートフォンや携帯電話を購入した際に、毎月の使用料に本体価格を合算して支払っている人も、使用料の支払い遅れには要注意です。

もし、使用料の支払いや引き落としが間に合わなかったことがあったら、それは本体のローン返済も遅れたことになるのです。

ですから、使用料の支払い遅れでケータイが止められたという経験がある人はアウトです。

これらの記録は個人信用情報機関に登録され数年間は残りますから、その間に住宅ローンを組もうと思っても審査に通る確率はかなり低くなります。

又、国民年金の支払い実績や税金の未納なども住宅ローン審査のマイナス要因になる可能性は大きいので注意してください。

債務整理や自己破産の経験がある人は論外です。

今後10年以上は、住宅ローン審査について考えない方が良いと思います。いわゆる「ブラックリスト」というリストは存在していませんが、個人信用情報には金融事故扱いとして登録されていることは確実です。

また、個人信用情報にこういった金融事故の記録が残らない期間が経過しても、金融事故を起こした銀行には記録が残っていますから、そこで住宅ローンを申し込んでも審査に通らない可能性が高いことも頭に入れておきましょう。

 

収入に対する借入金額は適切か?

申込み

収入に対して無理なく返済できる金額は、税込み収入の30%程度が目安と言われています。

つまり、年収300万円の人なら1年間に約100万円は実生活を送りながら無理なく返済できるということなのです。

又、年収の何倍まで借り入れが可能かという点については、上限ギリギリが年収の7倍までと言われています。

これらの数値は「返済負担率」と呼ばれる一般的な指標ですから、必ずしもすべての金融機関の判断基準ではありません。

ネットには「年収の5倍以上の借り入れができるのは公務員などの安定職業でないと無理」という書き込みもありますので、金融機関によってかなり差があるようです。

年収の30%の返済、5倍の借入額は、あくまでシミュレーションでの目安で、年収の5倍までなら問題なく返済していけるという数値になります。

現在の住宅やマンションの相場から言えば年収の5倍まででおさえて住宅ローンを借りるというのは現実的ではありませんし実際にそれ以上の借入れをしている人も多くいらっしゃいます。

実際のところ年収の7倍までであれば何とか審査に通るという目安になるのではないでしょうか。

 

金利が高い住宅ローンも視野に入れる

住宅ローンの組むなら、なるべく低金利な金融機関が良いと考えるのは誰でも同じです。当然、これらの金融機関には住宅ローン希望者が多く集まります。

その結果、金融機関側は「確実な人にだけ融資すれば良い」「リスクを冒してまで返済能力が怪しい人に融資する必要はない」という判断がなされるために、審査のハードルが高くなる傾向になります。

ですから、住宅ローン審査に落ちた人は不本意でしょうが、多少金利が高い住宅ローンにターゲットを変更した方が成功率はあがると思います。

また、地場の信用金庫や地方銀行の場合には金利が高くても地域に密着している分だけ住宅ローン審査に通りやすいということもあるようです。

ですから、住宅ローン審査を絶対に通したい!というときにはある程度金利のことには目をつぶって地方銀行や信用金庫を回ってみるということも必要になるのではないでしょうか。

 

住宅ローン審査落ちのまとめ

申込み

住宅ローン審査は金融機関によって基準が異なりますので、ひとつの銀行で審査に落ちたからと言って、他の金融機関でも受からないということではありません。

又、審査結果の答え合わせもしてくれないので、何が原因で審査に落ちたかは自己分析するしかないのです。

これまで上げた項目の中で心当たりがあるのなら、可能な限りの改善をしてから今度の住宅ローン審査に挑むことをお勧めします。

そして、一般の住宅ローンよりもある面では優れているところの多いフラット35に挑戦してみるという手もあります。

フラット35は他とは異なる審査基準を持っているため、審査に通りやすい、基準が甘いと感じる方もいるようです。

どうしても住宅ローンを借りたい、審査を通したいと思っていらっしゃるならひとつにこだわらず、条件のいい銀行、金融機関を広く調べて仮審査を申し込んでみることをおすすめします。

住宅ローン審査通らない理由をチェック!

仮審査(事前審査)が通らない理由とは?

計画

ひとくちに住宅ローン審査に通らない理由といっても住宅ローンの仮審査(事前審査)に申し込んだが落ちてしまったという場合と、仮審査は通ったものの本審査で落ちてしまったという場合では大きな違いがあります。

仮審査や事前審査というのは住宅ローンを申し込んだ銀行が行う審査のことで、審査にかかる日数も長くて1週間程度、じぶん銀行などのように最短で即日でわかるなど短時間で結果が出ます。

そこで調べられるのは、あなたの年収と借入れ希望額からみた返済能力があるかどうか。これまでの個人信用情報に大きな問題がないかといった程度の簡単な審査になります。

簡単なポイントで判断する事前審査や仮審査に落ちたということは、年収額がまったく足りない、借入額が多すぎる、個人信用情報がいわゆるブラックであるといった根本的な大きな問題があるということです。

ですから、事前審査が通らない場合には住宅ローンを借りられる可能性が大きく下がってしまったということもできますし大きな理由があると考えられます。

住宅ローンの仮審査が通らない場合には何か大きな問題があるということですから資金計画や借入額などを根本から見直す必要があると考えましょう。

逆に言えば問題点が大きいだけに、何が理由だったのかはわかりやすく改善もしやすいといえます。

 

住宅ローン本審査に通らない理由とは?

住宅ローンの本審査を行うのは銀行ではありません。本審査を行うのは保証会社になります。

保証会社はローンの借り手が返済できなくなったときにその借り手に変わってローン残債を銀行に払います。銀行に対してローンの保証をするのです。

ですから簡単に返済が滞ってしまう、返済不能になってしまう人の保証はしてくれません。しっかりと長期間にわたって住宅ローンの返済ができる人なのかということを詳しく審査します。

上でも書いたように事前審査は銀行が行いますが、本審査は保証会社があなたのことを厳しく審査するため仮審査に通っても本審査に通らないという事が起こるのです。

詳しく細かなポイントまでチェックするため本審査にかかる時間は長く、1週間から最長で1ヶ月程度の期間が必要になる場合もあることに注意してください。

一般的には審査に通る場合には回答も早く、逆に審査期間が長くなると何か問題があることが多いようです。

長期間にわたって安定して返済していくことができるかどうかを本審査では細かくチェックするため審査に通らない理由についても多岐にわたり、なかなか原因がわかりにくいこともあります。

本審査に通らなかった場合には、あなたのこれまでの信用情報・現在のほかのローンの状況・勤務先、勤務形態、年収・借入れ希望額、返済プランなど細かく見直す必要があるでしょう。

以下で審査に通らない理由を細かく分析していきます。

 

住宅ローン審査に通らない理由を細かく見てみると?

分析

ここではどのようなことが問題となって住宅ローン審査に通らない理由となるのかを細かく見ていきます。

あなたが住宅ローン審査で迷った時にぜひ参考にしてください。

他のローンの影響で審査に通らない?

住宅ローン以外のローン借り入れが審査に影響するかという問題ですが、他のローン残高も住宅ローン審査に影響します。

カードローンや消費者金融からの借り入れが問題ではないかと心配している方も多いようですが、極端に消費者金融からの借り入れがある、過去にカードローンを借りていたときに返済の遅れが何度もあったという場合を除けば、消費者金融から借り入れがあるというだけで審査に通らないということはありません。

ただし、頻繁に消費者金融や銀行のカードローンを利用しているとなるとプラスにはなりません。審査に通るかどうかギリギリのところという場合には、そのことが原因で審査に通らないということになる可能性はあります。

通常はローンを借りていても毎月きちんと返済していればそれが個人の信用になるのです。

これまでまったく借金をしたことがない、クレジットカードを利用したこともない、これなら住宅ローン審査も問題なく通るだろうと考えてしまう方もいらっしゃるかもしれません。

実際には信用情報にまったく記録がないことはマイナスになってもプラスになることはないのです。

過去にローンの経験があってもきちんと返済していればそれはプラスになります。

ただし、繰り返しになりますが、返済の遅れなど事故情報が信用情報に記載されていると住宅ローン審査はそれだけで通らない可能性が高くなります。

借金をしていることは大きな問題にはなりません。返済の遅れや事故が問題になります。

また現在借りている他のローン、教育ローン、マイカーローン、クレジット支払い、フリーローンなどすべてのローンの返済額は返済負担比率の計算で関係してきます。

年収に対する住宅ローンと他のすべてのローンの返済額を合わせた金額の割合が返済負担比率です。

ローンの返済額が年収の何パーセントにあたるかということが大事なのです。年収額によって安全な割合は変わりますが、一般的にはローンの総返済額が年収の30%以内であれば審査基準を満たすとされています。

年収400万円の方は単純計算で年間の返済額が120万円までなら基準を満たし審査に通る可能性が高くなります。

 

住宅ローン審査通りやすい銀行ランキング[2018年11月]

じぶん銀行住宅ローン
  • 充実の11疾病保障団信
  • 仮審査申し込みなら最短即日回答
  • 三菱UFJ銀行とKDDIの共同出資
  • がんと診断で住宅ローン残高が2分の1に
  • 来店不要で時間の制約なし
  • 保証料・収入印紙代無料
  • 一部繰上げ返済手数料無料
  • 業界最安水準の金利を達成
スペック表
矢印
じぶん銀行申し込みボタン



住信SBIネット銀行住宅ローン
  • 安定かつ継続した収入があること
  • 最安水準の金利で顧客満足度が高い
  • 保証料・繰り上げ返済手数料無料
  • 借入れまで来店不要のネットバンク
  • 団信保険料・全疾病保障保険料無料
  • コンビニATM手数料月5回まで無料に
  • 事務取扱い手数料は借入れ金額の2%+税
スペック表
矢印
住信SBIネット銀行申し込みボタン



楽天銀行フラット35
  • フラット35独自の審査基準で有利
  • フラット35最低金利・手数料も安い
  • 諸費用トータルの安さで総返済額少ない
  • ネットで申し込み完結・来店不要
  • 事務手数料引き下げあり
  • 繰り上げ返済手数料無料で100万円~
  • 団信生命保険料は本人負担
スペック表
矢印
楽天銀行申し込みボタン



au住宅ローン
  • セット割でauスマホ・通信サービスがおトクに
  • フラット35最低金利・手数料も安い
  • 業界最安水準の金利!
  • 一般団信&がん50%団信保険無料
  • 保証料・印紙代が無料
  • 仮審査の結果は最短1日
  • 最短10日で契約完了
スペック表
矢印
au住宅ローン申し込みボタン



イオン銀行住宅ローン
  • 借り入れ時年齢満20歳以上満71歳未満
  • 給与所得者は6ヶ月以上勤務
  • 経営者・個人事業主は事業開始後3年経過
  • 給与所得者は前年度年収100万円以上
  • 個人事業主は前年度所得100万円以上
  • 保証料0円・繰上げ返済手数料0円
  • イオンでの買い物が5年間毎日5%OFF
スペック表
矢印
イオン銀行申し込みボタン